家計相談をされているお客様からいただいた声です。(初年度相談終了後のアンケートより抜粋)

個人のお客様よりいただいたお声

賢くゆとりある人生を送り、子どもたちにそんな私たちを見てもらいたい

家族の夢をかなえるために人生設計を立て、ゆとりある楽しい生活をして、私たちが亡くなった後も子どもたちが将来迷わず歩んでいけるように明るい未来を残してあげ、そして子どもたちも家庭を持つようになった頃、同じようにゆとりある明るい未来を歩んでいってほしい。そのために親も子も学びながら成長していきたいと思う。それがこれからの時代の親の責任であり、子どもに対する愛情のひとつでもある。子どもは親の背中を見て育ち、自信にあふれた人生を送れるよう、親もよき見本となり賢く楽しくゆとりある人生を歩んでいきたい。今回の家計相談で、より家族のきずなが深まりました。2人の幼い子どもを持つ親として、これからの未来に正しい道しるべとして足元に、”ライン”が引かれた感じがします。この”ライン”を確認しながら見失わないよう生活していきたいと思います。

(F様 30代ファミリー)

 

自分たちのある条件の中でより幸福になれると実感

これまで夫婦そろってお金の勉強をすることもなく、「何とかなる」と楽観的に考え過ごしてきました。子どもが大きくなり、高校・大学と考えたとき「お金がない!!」と急に焦り始めました。でもどうしていいかわからない。。。そんな時、身近にいた谷崎さんが勉強していると聞き、保険の見直しをはじめ”考え方”を色々教えていただきました。家族構成、将来の夢、収入、価値観など様々な条件の中でより自分たちが幸福になれるようアドバイスをいただいて喜んでおります。まだまだ分からないことだらけですが少しづつ勉強し、「大切なお金」を有効に貯め活用したいと思います。

(K様 40代ファミリー)

 

目からウロコ!FPってこんな仕事だなんて知らなかった!

「お金」にあまり興味がなかった私。「金は天下のまわりもの」って思ってた。そして今までずっと上手くまわって生活していたため貯金がなくても気にならず。。。でもだんだん子どもが大きくなるにつれて「んっ??このままではマズイ。。。」と思いつつどうすることもできない。谷崎さんから話を聞くまでは一生不安な生活を送るだろうと思っていた。相談をしていくと目からウロコ!FPってこんな仕事だったなんて知らなかった。まだ始めたばかりで実感はないけど、先の不安は解消され「今」を楽しく暮らせそうです。自分たちのため、目標に向かって楽しく頑張れる気がしています。

(T様 40代ファミリー)

 

今までルーズだったお金の流れにきちんと向き合おうという姿勢になれた

自分では不安を持ちながらもどうしていいのかわからず、お金の事って誰に話していいかわからず「なるようになるか。。。」と思ってました。そんな時知人との食事の席で、ライフワークサポートというFP事務所の話を聞き、コンサルタントの方がとにかくポジティブで明るく、相談をして不安が軽減したとの話を聞き、ぜひ私も聞いてみたいと紹介していただきました。給料も他の人よりは良いほうだという自負からお金は自由に使っていたので、話を聞いて自分だけよくてもいけないなと事態を把握することができました。今までノータッチだった”お金”という分野にも視野を向けてもっと世の中の仕組みを知りたいと思いました。

(Y様 30代独身女性)

 

将来を考える事の重要さを知ることができ、夢(目標)に向かって努力する意欲が湧いてきた

ニュースなどメディアからの情報で、子どもの将来や自分たちの老後の生活は大丈夫なのかと漠然とかんがえていたものの、その不安を解消すべく方法がわからない。トータル的に家計のバランスを見極める力が必要だと思ってましたが、お金に関する問題は難しいという先入観で自分たちでは解決できないと思っていました。誰かに相談したいけど、誰にすればよいのか、保険・貯蓄・ローンをバラバラに相談することしかないのかと思ってる人も多いと思います。ありませんでした。我が家も例外ではなく、その日その時だけを見て日々過ごしてきましたが、ライフワークサポートの谷崎さんの家計相談を受けたことで、将来に対する意欲が湧いてきました。これから大人になる子どもたちにアドバイスできる広い視野を持ちたいです。まさに運命的な出逢いを感じました。今後とも私たち家族のサポーターとして、末永くよろしくお願いいたします。

(H様 30代ファミリー)

 

娘夫婦がこんな事実践しているなんて知らなかった

娘夫婦が家を建てたいという話で、頭金を出してくれないかと頼んできた時、ビックリしました。それもファイナンシャルプランナーの方と相談して、キャッシュフローというものを持ちだして自分たちの生活、子どもである孫の教育・私たち親への将来に対する考えもキチンと話して、「住宅資金を援助してください」と、夫婦で頭を下げられました。しっかりしていると感心した反面、いったいどんな相談をしているのだろうと心配にもなり、コンサルタントの方にお会いすることになりました。話を聞くと、とても時代背景を押さえて話をしてくださり、そろそろ退職が近づく私たちにもすごく勉強になりました。私たちが資金援助することで、娘夫婦の家計がとても楽になる事がわかり、私たちも相談してキャッシュフローを作り自分たちのゆとり生活を確保しつつ援助してあげられる資金を計算していただきました。おかげで、私たちの将来の生活のイメージもつき、”活きたお金にするため”余分なものは安心して援助していこうという気になれました。この住宅建築がキッカケで、家族と話したことのなかったお金の話を娘と共通の認識で持て、話題が増えました。このようなお金の相談ができるところを探してくれた娘とコンサルタントの谷崎さんに感謝します。実はお金じゃ買えないものを買えたような気がしています。私たちのセカンドライフを楽しむためにもお金の事を少しづつ学んでいきたいと思います。

(I様 50代ファミリー)

 

お気軽にライフワークサポートまでお問い合わせ下さい。taniyumi2000@gmail.com

個人事業主様よりいただいたお声

厳しさは変わらないが、未来の楽しみは倍増しました。

一所懸命がんばって事業をしていますが、楽にはならずどんどん時間がなくなっていくだけの生活になっていました。更に私が頑張れば何とかなると思っていたところ、「ハッピーマネー講座」というマネー講座に誘われて参加しました。不景気の原因や世の中が変わってしまった事を、認識し、誰かが何とかしてくれる時代ではないと確信しました。家計の相談から始めて、自分たちの心の底で思っていた”私のしあわせ”が見えました。それが確認できると、自分の事業についても再構築中しようという気持ちになれました。時間はかかりそうですが、将来が楽しみで以前のように意味のない不安は感じなくなりました。早めに気がつけてよかったです。

(40代女性サービス業)

 

遠方でもスカイプ相談で安心

遠くても考え方が合い、更にお会いしたことのある方に相談したいと思い、問い合わせると面識のある方はスカイプでの相談も可という事で、スカイプ&面談という形で事業再構築をスタートしました。いろんな視点に気が付くことができ、ちょっと考え方を変えるだけで自分の本当にやりたいこと、やり続けられることが見えてきたように思います。この「やり続けられること」を発見するまで、時間がかかりましたが、明るい未来が見えました。今の消費者の方が「欲しい」と思う視点を、相談の中に織り込んでいて、自分も消費者の場合そんな反応するなと気が付きました。光が見えると努力も楽しくなり、時間がたつのがあっという間です。入ってきたお金を有効活用できるよう、「お金の使い方」をこれから学んでいきたいと思います。

(30代女性小売業)

 

自分のしたい事より、事業を通して社会に役立つことを考えるようになった

コンサルを受けるまで、お金(利益)を追い求める事より、自分のある中で生活し余分なものを求める必要はないと思ってました。なので、「お客様が何を求めているか」より、儲からなくても「自分はこんあ事がしたい」という事を考えてサービスをしていて困ることはありませんでした。節約や寄附をすることがいいことで、「お金を稼いで使うことが誰かの役に立つ」なんて考えたことがありませんでした。紹介されたセミナーを受け、保険や資産運用、総合的な家計相談から始まり、自分の「心地良い身の丈」がわかるとお金や自分のビジネスの事を考えるキッカケができ、「お金をたくさん稼ぎ、使う事」も世の中や社会のために役に立つのだと気が付きました。そして、そのような考えで行動をしていくと出会う人も変わり、数年前の自分とは全く違う自分を発見できました。自分の事業で「たくさんの人」にお役にたてることを身につける努力をして成長し、そして皆さんにいただいたお金で更に社会に有効な使い方ができるようになりたいし、そんな個人事業主がたくさん増えてほしいです。

(40代女性サービス業)

 

お気軽にライフワークサポートまでお問い合わせ下さい。taniyumi2000@gmail.com

法人/各種団体様よりいただいたお声

社員との共有することができたことがよかった

選択制確定拠出年金を導入し、経済の事や社会の事を一緒に学ぶ機会ができてよかった。社員にも自分たちの将来のお金の事を考えてもらう⇒給料の源泉である給料をどのように持ってくるのか考えるキッカケになりよかった。

                                    (50代 法人経営者様)   

 

子どものお金教育について再発見

子どもに対するお金教育について興味があるので参加しました。お小遣いをどうやってあげるのか?教育費な何のためか?子どもにとって必要な事ってどんなことなんだろうか?この混沌とした社会に、これから子どもを育てるうえでとても大切な事を教わりました。子どもの前に親である私たちも現実をちゃんと見て、子どもに考えさせなければいけないと思う2時間でした。

                                 (40代 社団法人理事長様)

 

お気軽にライフワークサポートまでお問い合わせ下さい。taniyumi2000@gmail.com